iischool.net:コンピュータとインターネット>職業と雇用

あいあいスクールで学びIT業界に就職する > どんな仕事があるか? > プログラマー(PG)の仕事とは?

どんな仕事があるか?

プログラマー(PG)の仕事とは?

プログラマー(PG)の仕事は、システムエンジニアが設計した仕様書に従ってプログラムを作成・テストする業務が中心です。

通常プログラマーを数年経験し、システムエンジニアへステップアップしていきます。

プログラムを作成・テストする業務のことをプログラミングといいます。

プログラマーが行なうプログラミングは根気のいる業務であり、注意力や正確性が求められます。

チームで仕事をする場合、プログラマーにはコミュニケーション能力も求められます。



例えば、システムエンジニアが設計した仕様書が、

『画面に「Hello ECC」と表示するJavaプログラム(Label1)を作成する』

Hello ECC





というものだったとすると、プログラマーは、その仕様に沿ってプログラムを以下のように作ります。

プログラマーは、自分の作ったプログラムが仕様に合ったものになっているか実行してテストします。


// ラベルのサンプルプログラム1

import javax.swing.*;
import java.awt.*;

class Label1 {
public static void main(String args[]) {
JFrame f = new JFrame("Label TEST 1");
f.setDefaultCloseOperation(f.EXIT_ON_CLOSE);

// フレームのコンテナを得る
Container c = f.getContentPane();

// ラベルを作る
JLabel L = new JLabel("Hello ECC");

// ラベルをコンテナに入れる
c.add(L);

f.setSize(200, 100);
f.setVisible(true);
}
}


実際の業務は、もちろんこの例のように簡単な仕様書ではなく、量も多くなります。

システムを開発する工程の中では、このプログラミングが大半を占めます。

プログラマーは、システムの大部分を作る活躍をするのです。

"Hello ECC"という文字を実際に画面に表示するための一行一行のコードの内容は、プログラマーが自分で調べたり、考えたりする必要があります。

どうやったらできるのか悩んだり、なかなか仕様通りにならなくて時間ばかりがたっていくこともあります。

そんな時は、仕事の締め切り(納期)に間に合うか不安になってきます。プログラマーは、頭脳と神経を使う仕事なのです。

プログラマーの業務の大半は、このプログラミング作業になります。

ですから、画面に長時間向かうことが苦にならない人には適職です。



プログラミングには、一種ゲームに似た感覚があります。

最初は何度も何度も同じ失敗を繰り返しながら、繰り返していくうちにだんだんできるようになっていきます。

プログラムが思い通りに動作したときには、ゲームをクリアした時と同じような達成感があります。

この、達成感を感じるかどうかが、プログラマーに向いているかどうかの判断材料になります。

これが面白いと感じなければ、長時間のこのプログラミング作業は、苦痛でしかないでしょう。

逆に、面白いと感じるのであれば、時間の経つのも忘れて続けられます。



アメリカなどでは、システムエンジニアとプログラマーの区別がはっきりせず、両方の業務を一人で行なう場合がありますが、日本では、業務を分けている場合が多く、そのためシステムエンジニアなどとの打ち合わせが発生します。

大規模なシステム開発では、プログラマーの中にも上級プログラマーが存在し、部下のプログラマーの指導や進捗管理などシステムエンジニアとかわらない業務を行なうことがあります。

一人の力のみで開発できるシステムは少なく、多人数で協力して開発を行なうことが当たり前になっているため、チームメンバーと良好なコミュニケーションをとれる人材が望まれています。



システムエンジニアが作成する仕様書には、懇切丁寧なものもあれば、ラフなものまでピンからキリまであります。

システム開発が滞る一因として、システムエンジニアの仕様書がなかなか出来上がってこないことが挙げられます。

仕様書がなくてもシステムエンジニアの意図を察してプログラミングできるような能力の高いプログラマーになれば、苦しむシステムエンジニアを助けられる素晴しいプログラマーですね。

あのビルゲイツ氏も、最初はプログラマーとしてBASICやMS−DOS、Windowsなどを開発してきたのです。

次は、あなたの番かもしれませんよ。