iischool.net:コンピュータとインターネット>職業と雇用

あいあいスクールで学びIT業界に就職する > どんな仕事があるか? > システムエンジニア(SE)の仕事とは?

どんな仕事があるか?

システムエンジニア(SE)の仕事とは?

システムエンジニア(SE)とは、コンピュータを使ったシステム(しくみ)を設計する技術者のことです。システムの詳細を設計書にまとめ、設計書の内容を仕様書などでプログラマーへ伝えます。

システムエンジニアとプログラマーの関係を建築業界に例えて表現すると、家の設計図面を描く「設計事務所」の業務に相当するのがシステムエンジニアの仕事、設計図面を基に家を作る「大工さん」の業務に相当するのがプログラマーの仕事です。

システムエンジニアは、現状分析から機種選定、設計書、仕様書作成など幅広い業務を行ないます。ユーザーの要求を理解し、アドバイスができる専門知識や判断力が必要です。また、コンピュータ全般の幅広い知識と経験および業界や業務の知識も求められます。さらに設計を進めていく上で、様々な関係者とのコミュニケーション能力が必要です。

私の場合は、社内の情報システム部門に属する企業内SEでした。ユーザーの要求は、関係者に話を聞きにまわったり、1日中担当者の仕事内容を観察(どんな仕事にどれだけ時間をとられているか)したりして把握します。SEである自分がしたことのない仕事を想像して困っていることや要望を見つけていきます。この段階で十分要望を汲み取れていないと後で痛い目(使えないシステムができる、開発に手戻りが起る)に遭います。

システムエンジニアの業務内容は、打ち合わせや確認とドキュメント作成がほとんどです。基本設計や詳細設計、仕様書の作成などワープロ作業ばかりです。企業内SEの場合は、システムの企画段階から携わることが多く、開発自体の認可を得る(費用はこれだけかかりますが、それを上回る効果がこんなにでるんですよ!)こともSEの仕事になったりします。仕様書の作成に際しては、開発言語をよく知っていないと(プログラミング経験がないと)できないと思ったほうがいいでしょう。

極論すれば、プログラミング以外は全部システムエンジニアの仕事なのです。さらに、切羽詰った時期にはプログラミングも行なわざるを得ない場合があります。幸運にもプロジェクトのマネジメントを専門に行なう方(いわゆるプロジェクトマネジャーや職制における部課長など)がいらっしゃれば、開発の進捗管理の負担(プラス責任)が減ります。

システムエンジニアの心構えとしては、開発時に発生する誰の分担にもなっていない予期せぬ仕事は全部自分の仕事と思う覚悟が必要です。はいはいビール2本追加ね。・・・なんで開発後の打ち上げの幹事まで私がやらなきゃいけないの?と疑問に思ってはいけません(笑)

ソフトハウスなどのベンダー系SEの場合には、開発の企画段階ではなく、基本設計の段階から顧客先に行きながら参画することが多くなります。企業内SEの場合、ユーザーも社員である場合が多く、ある意味甘さがありますが、ベンダー系SEの場合には、お金の面でも、技術面でも非常にシビアであるため、それだけ技術に磨きがかかると思われます。私もベンダー系SEさんの力をお借りしてシステム開発を行いましたが、非常に知識レベルやスキルが高く、恥ずかしい思いをしたこともしばしばでした。

このようにシステムエンジニアの仕事が多岐にわたり、苦労が多いほど、システムが出来上がった時の喜びと達成感は大きいものになります。ユーザーに「前よりすごい楽になった」とか言われると本当に幸せを感じますよ。