iischool.net:コンピュータとインターネット>職業と雇用

あいあいスクールで学びIT業界に就職する > どんな仕事があるか? > ネットワークエンジニア(NE)の仕事とは?

どんな仕事があるか?

ネットワークエンジニア(NE)の仕事とは?

ネットワークエンジニア(NE)は、社内外の通信ネットワークの構築・運用・管理を総合的に行います。サーバや通信手段、ネットワークOS、データベース、情報セキュリティなどの幅広い知識が必要になります。

ネットワークエンジニアの業務内容は、会社によって大きく異なります。特定の人をネットワークエンジニアという名称で呼ぶことすら少ないかもしれません。システムエンジニアの仕事の内容に、このネットワークエンジニアの業務を含む場合も多いでしょう。

以下にネットワークエンジニアの業務の一例をあげます。

まだLAN(ローカルエリアネットワーク)を構築していない企業などに、通信ネットワークを設計し、実際にサーバを設置・設定し、LANケーブルを敷設するまでを行う。

通信データの経路分けを行なうルータという装置の設置・設定を行なう。

ファイルの共有やデータベースの共有、データやメール、ホームページの配信などを行なうサーバを設置・設定する。

ファイアウオールなどセキュリティを高めるための構築・運用・管理を行う。

などのように通信・ネットワークがからむいろいろな業務があります。会社によっては、電話などの通信機器も業務内容に入ります。また、ネットワークがあるところに必ずウィルスや種々の攻撃が発生するため、情報セキュリティに関する深い知識が必要になる場合があります。

ただし、ネットワークエンジニアには、プログラミングをする機会は少ない(全くないとはいえませんが・・・)ので、プログラミングが性に合わないけど、パソコンさわるのは好きだという方にお薦めの職種です。ネットワークが構築できると仕事が一気に便利になるので、お客様の喜びの声をきけるやりがいのある仕事です。