iischool.net:コンピュータとインターネット>職業と雇用

あいあいスクールで学びIT業界に就職する > どんな仕事があるか? > デザイナー(Mac・Web)の仕事とは?

どんな仕事があるか?

デザイナー(Mac・Web)の仕事とは?

IT業界におけるデザイナー(Mac・Web)は、専用ソフトなどを使って印刷物やWebサイトのデザインを行ないます。

IT業界におけるデザイナーと一般的なデザイナーとの違いは、業務に専用ソフトを使うかどうかの違いがあるだけで、デザインのセンスの良さが問われることは同じです。広告宣伝用のチラシやポスターなどを作成するための専用のコンピュータ(Macintoshが多い)と専用ソフト(フォトショップ、イラストレータなど)を使い慣れていることが必要になります。

企業のホームページやWebサイトのコンテンツのデザインを行なうWebデザイナーの場合には、専用ソフトとしてDreamweaverやFireworksなどを使ってページのデザインや動画・画像・サウンドまでも作成する場合があります。Webサイトの作成の際には、Webプログラマとも連携も必要なため、ある程度のWebプログラミングの知識(HTML,JavaScript,PHP,JSP等)もある方が望ましいと言えます。

デザインのセンスはもちろん、プレゼンテーション能力も必要です。就職の際には、過去の作品などの実績を問われたり、作品提出を求められることもあります。

自分のデザインしたものが、多くの人の目に触れて評価される気分は最高でしょうね。