iischool.net:コンピュータとインターネット>職業と雇用

あいあいスクールで学びIT業界に就職する > どんな仕事があるか? > ゲーム業界の仕事とは?

どんな仕事があるか?

ゲーム業界の仕事とは?

ゲーム業界は、一般のコンピュータ関連職とは全く別の分野と言えます。通常4つの職種別に採用が行なわれます。4つの職種とは、ゲームプランナー、シナリオライター、グラフィックデザイナー、ゲームプログラマーです。

私の勤める専門学校でも、何百人もの学生がゲーム業界への就職を目指していますが、実際に就職するのは数十人程度という現実があります。競争の激しい業界のため即戦力となる人材が求められています。ゲームをするのは楽しいですが、作るのは大変です。高いスキルとハードワークが必要になります。

ゲームプランナーは、ゲームの核となるアイディアを企画書や仕様書にまとめます。マーケティングも意識し、ゲーム製作全般をマネージメントする役割を担います。

シナリオライターは、ロールプレイングゲームやアドベンチャーゲームなど物語性が重視されるゲームにおいて、そのストーリーや脚本を書く役割を担います。ゲームの製作工程を熟知し、ゲーム全体を設計できるような能力が必要です。

グラフィックデザイナーは、ゲームのキャラクターや背景画像などのデザインを行なう役割を担います。2D(2次元)、3D(3次元)のコンピュータグラフィックス用のソフトを使いこなせるなどのスキルが必要です。デザインのセンスの良さが求められることはいうまでもありません。

ゲームプログラマーは、一般のコンピュータ職のプログラマーと求められる素養は変わりませんが、スピード感や操作感などゲームにおける大事な部分を実現する役割を担います。そのため、世の中にはどういうゲームが求められているのか判断できるようなプランナー的資質も求められています。

今のゲームに物足りなさを感じたり、こうすればもっと面白くなるのに・・・というようなアイディアがあるあなた!ゲームが好きだから好きなことを仕事にしたいという熱い思いをぶつけてみませんか?